固定金利と変動金利ってどう違うの?

固定金利・・・返済期間中ずっと同じ額で返済していくものです。ずっと返済が同じということで、気楽に構えていられますが、変動金利が低水準をキープしていても、それより高い金利を払い続ける可能性もあります。


変動金利・・・適用金利が低いので、借り入れ当初の返済負担は少ないのがメリットです。多くの銀行などの金融機関では一般的に年に2回金利の見直しがありますが、返済額は5年間一定にしています。これは急激な金利上昇により返済額を大きくさせないための返済者保護のルールです。返済者保護のためのルールなのですが、この5年間で急激な金利上昇が起きた場合に未払い利息が発生してしまいます。毎月返済分の本来は元金に充当するはずの返済額が利息が優先され、元金の支払いが遅延してしまうというリスクもはらんでいます。

固定金利・変動金利どちらにもメリットデメリットはあります。


※銀行により内容が異なります。